大阪でしわ治療をしたら見た目年齢が若くなった

マシン系か注射系、しわ治療はどっちがいい?

ヒアルロン酸注射・コラーゲン注入

30代後半から何となくお肌の乾燥を感じていましたが、40代になってみて改めてじっくり鏡で自分の顔を見てみると、小じわだけではなくほうれい線まで気になるようになってきました。
夕方ぐらいになるとファンデーションがよれたり、ほうれい線の所に詰まって線になったりして目立ちます。
乾燥にはとにかく保湿と思って、高品質の化粧品に変えたりはしていますが、それでもエイジングサインには負けてしまいます。
つい最近も中学生の娘にお母さん最近しわが増えてきたといわれて、かなりショックを受けています。
美容外科でメスを使うような大掛かりな手術をする勇気はありませんが、プチ整形やレーザーなどのしわ治療には興味がありました。
大阪の梅田周辺には美容外科も美容皮膚科も色々ありますし、エステサロンでは出来ない根本的な治療を受けてみようと思いました。
まずどんなことがあるのか調べてみると、フラッシュやレーザーなどマシンを使うアプローチと、美容注射で有効成分をお肌に注入する方法と大きく分けて2つです。
メスを入れて皮膚を引っ張って縫合したり、フェザーリフトといって特殊な糸を頬のあたりに入れてコラーゲン生成を促すという方法も有りますが、やはり痛みについて考えると怖くて受けようという気持ちになれず、フラッシュやレーザーなどのマシンか美容注射から始めてみようかなというつもりでカウンセリングを受ける事にしました。

マシン系か注射系、しわ治療はどっちがいい? | 即効性の効果は注射で治療 | クリニックによって料金が異なる自費治療